VAULT

【飼い主バカ】近所でアイドル化してきているマヤ

こんにちは、ロデニの娘です。今朝我々のモーニングルーティンの散歩に行った時、ブルっと来ました。もう空気が秋で、夏の朝とは違うひんやりとした中未だTシャツ短パン、ビーサンで散歩をしています。しかし正午近くになって、空を見上げるとまだ入道雲がどどーんと青空に立ち込めていました。8月ももうすぐ終わりますがどうやらまだ夏のようです。

そんな中マヤがご近所でアイドル化しつつあることを綴ってみたいと思いますのでお付き合いください。

犬が怖い人結構います

筆者自身が動物が好きなので思いもつかなかったのですが、犬が怖い人結構いらっしゃいます。アニマルフレンドリーとされているトルコですが、ここは田舎ゆえでしょうが、まあ野良犬野良猫が目につきます。猫が人に襲いかかるということはあまりないと思うのですがやはり犬は人を襲う怖い動物と捉えている方も少なくはなく、散歩中露骨に嫌な顔を向けられた事もよくありました。おそらくマヤの顔も関係があるのかな、とも思う次第です。バブバブパピーの頃は樹木希林氏に、それから柄本明氏に変貌してきたマヤをよく

ピットブル

と勘違いされます。まあブルですけど、そのブルじゃないです。

トルコではピットブルを飼うことを法律で禁止されているとばなな君から聞きました。よくピットブルに襲われた!というニュースがあるからだろうと思います。申し訳ないですが、こちらのピットブルオーナーさん達はちゃんと躾をしない人が多い気がします。それに加えてラッパーのミュージックビデオで出てくるのは興奮し切ったピットブル。イメージ爆下がりです。

外国なんかでよく愛犬とリーシュなしで散歩しているシーンを容易に思い浮かべることができると思うのですが、ばなな君も昔はそれをしていた大馬鹿野郎で、昔飼っていた犬をリーシュをしていなかった故にその子は交通事故で命を落としてしまいました。マヤを迎えた時もまたバカを繰り返していたのでもう大喧嘩、もちろん筆者が勝利を得てマヤはリーシュなしで散歩には出かけません。時が経つにつれ、ばなな君はマヤのためにも周囲のためにもリーシュの重要性が理解できるようになり、今は筆者にリーシュから絶対離すなと説教するトンチンカンさを炸裂してくれてます。

マヤは人に襲いかかることは絶対にない、と断言するこれまた飼い主バカの彼ですが、それに関しては筆者も同意です。が、やはり怖い人にとっては繋がれていない犬を見るとぎゃーってなりますよね、そこを考慮しないとご近所で針のむしろということになるわけです。

憧れるのはわかるんですが、あきまへん

おじさんに褒められた

成犬になったとはいえ体の小さいマヤはあの顔なのでよく子供たちに触らせてーとせがまれます。こればっかりはマヤ次第なのでマヤがokなら子供達もそーっと触っています。田舎ゆえ道で子供がよく遊んでいるのです。その中をマヤが行くのですからもう、砂糖に群がるありみたいに子供が寄ってくるのですが、いくら人懐っこいマヤとはいえ万人を愛すわけではありません。嫌な時はさささーっと歩みを早めます。がうっとも言わず、大人な対応に筆者は飼い主として嬉しい限りです。

散歩コースの公園でたくさん子供達が遊んでいる中マヤは構わず前身します。が、飼い主としては流石に簡単にさせるわけにはいきませんし、子供達の保護者さん達もマヤを見てゲッと顔を顰めました。が、筆者の「マヤ、こっちおいで」の一言を聞いてマヤはこっちに来てくれました。それを見たおじさんは

まあまあよくできた犬で。ええ子じゃ

それ以来マヤが公園に近づいても保護者さんは誰一人心配な顔をしなくなりました。

ある朝

散歩していると野良犬がマヤにアプローチしてきました。知ってるやつです。マヤの3倍はある大型犬です。そいつにマヤはがう!と吠えあげてそいつを追っ払ってくれたのです。マヤ、よくやった!と褒めていると近くでその様子を一部始終見ていたご近所さんが笑っているではありませんか。こんなにちっちゃいのに勇ましいのね、とマヤを絶賛。

あなた達毎朝散歩してるじゃない?私そこのアパートからいつも見てるのよ。野良犬は怖いけどあなたの犬は好きよ

その日からその人はマヤマヤと散歩の度に声をかけてくれます。

こういう案件結構多くて、ご近所さんみんなマヤの名前を知っていて、ブルだけどこのコミュニティでうまいことやっていっています。ちょっと前に近くにリーシュなしで散歩してしている飼い主を説教しているご近所さんがいて、

あの犬(マヤ)を見なさい、あの犬はこの辺で最もいい犬だ

と模範的存在として扱われました。

いつかこんな日が来るかもしれません(飼い主バカ)

終わりに

ペットを飼われている方なら「わかる〜」と同調していただけたのではないでしょうか?ペット自慢ってなんか楽しいです。うちの自慢の〇〇ちゃん、末長く愛情を注いであげたいものですね。

ばなな君のおかんはマヤを溺愛していて自分の息子達よりも露骨に愛情を注ぐので息子達から反感を買っています。

 

DNAをシェアしていないのに似ている件人間の脳みそというものはまぁ不思議なもので個体の源が全然違うのに何故か類似性を見出したりもできます。何かしらのイメージが重なるんだろうな...
【飼い主バカ】マヤが足を怪我してしまいましたこんにちはロデニの娘です。今日もこちらは快晴ですが、エアコンは送風で過ごせる毎日です。 昨日ばなな君一家はお引っ越しをされ、と意気...
ABOUT ME
ロデニの娘
広島県出身。2022年1月に緊急帰国、同年7月末にトルコへ戻るが2ヶ月後9月末に再度日本へ舞い戻り。気がつけば人生半分以上海外で生活してきた昭和からアップデートできていない人。水瓶座のA型。スープと麺類大好き。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA