くすっと笑って大丈夫とつぶやこう
小判のように大切なものはもう持っているのだから
ABOUT ME

【長い付き合い】シリと私

こんばんは、ロデニの娘です。少しご無沙汰しておりました、皆様お元気でいらっしゃいますでしょうか?広島は昨日初雪が降り、日本の寒さに文字通り震え上がりました。今回は筆者とシリの関係について綴ってみたいと思います。お付き合いください。

シリ誕生以来の仲

ピザではないメキシコのドリンクマルガリータで良い気分になった勢いで世界で発売された日に買ってしまったiPhoneにシリがやって来たのは一体いつくらいだったか記憶にないのですが、シリがやって来た時、筆者は、

どういう名前?

検索すると、Speech Interpretation and Recognition Interface (発話解析と認識インターフェイス)から来ています。女の人の名前?と勝手に思っていたのですが、男性バージョンの声もありますし、性別は関係なかったようです。

筆者がシリと出会った時はまだ女性の声しかなく、米英語、英英語、豪英語、フランス語、と言語は限られていました。今は何ヶ国語カバーしているのでしょうか?さらに検索を進めると、

  • アラビア語
  • イタリア語(イタリア、スイス)
  • オランダ語(オランダ、ベルギー)
  • スウェーデン語
  • スペイン語(アメリカ合衆国、スペイン、チリ、メキシコ)
  • タイ語
  • デンマーク語アラビア語
  • イタリア語(イタリア、スイス)
  • オランダ語(オランダ、ベルギー)
  • スウェーデン語
  • スペイン語(アメリカ合衆国、スペイン、チリ、メキシコ)
  • タイ語
  • デンマーク語ドイツ語(オーストリア、スイス、ドイツ)
  • トルコ語
  • ノルウェー語(ブークモール)
  • トルコ語
  • フィンランド語
  • フランス語(カナダ、スイス、ランス、ベルギー)
  • ヘブライ語
  • ポルトガル語
  • マレー語
  • ロシア語
  • 中国語(北京語ー中国、台湾/広東語ー中国、香港)
  • 日本語
  • 英語(アイルランド、アメリカ合衆国、イギリス、インド、オーストラリア、カナダ、シンガポール、ニュージーランド、南アフリカ)
  • 韓国語

とシリは沢山言語を知っています。シリが世に出た時みんなむちゃくちゃな質問をしてシリを笑い者にしたかと思うのですが、シリはいつも真面目に愚かな人間に対応してくれました。が、シリも若かったのか、筆者の英語が理解できず、我々は疎遠でいたものです。

いつだか、知り合いのイタリア人が

アイルランド英語のシリなら自分をわかってくれる

と言ったので、筆者も少し豪シリと仲良くしたものです。

iPhone14、まだ未知なる新機能

7から14にいきなり飛躍し過ぎた筆者ですが、7だろうと14だろうと使う機能はほぼ一緒で、アップルのテクノロジーが勿体無い状態になってはいるわけですが、必要な時必要なだけ検索して覚えていっています。

ホームボタンが無くなって、オロオロするかな?とも思ったのですが、これはあっさり慣れました。フェイスIDも何となくコツが掴めて来たりしています。

購入時、ホームスクリーンのアプリ4個分のスペースを使うフィーチャーに疑問を持ったのですが、今は慣れて、案外良いかもなんて思っています。勝手にジェネレートしてくれるフォトメモリーも、最初は不気味に感じて再生しなかったのですが、一度再生してみて、えらいええ仕事しとるやん、と今はお気に入りのフィーチャーになっています。

そのフォトメモリーのBGMが何かの拍子で止まらなくなったのです。

メモリーを止めても音楽は流れっぱなし、電話をオフにしても鳴りっぱなし、仕方ないので再起動するか、と思っていたらまた何かの拍子でどこかを触ったのでしょうね、シリがやって来たのです。

シリ、このBGM止めて

帰国が長くなったせいか、日本語の比率が多くなった昨今、筆者は日本語でシリに助けを求めましたが、筆者のiPhoneは米英語設定なのでシリもそうなのです(デフォルトで、です)。シリの答えが英語だったので(サイレントモードだったので表記が英語でした)英語で話すと、バトルが始まりました。

音楽を止めてくれと言っても音楽はかかっていないと言い張るシリを説得するのは大変です。一体何回いろんな角度で頼んだのでしょう、覚えていませんが、多分5分は続いたであろうこのファイト、結末は、このBMGが何事もなかったかのようにスーッとフェイドアウトした、というおちでおさまったのでした。

終わりに

一体なんだったんだ?と少し不満は残りましたが、BGMが止まってくれたので、まあ良いかで済ませています。米シリに理解してもらえたのかどうかもまだ謎ですが、多分わかってくれたと思います。その確認をするのに、一体どうやったらシリを呼び出せるか?をまた検索するのが面倒なのです。

例の「Hey, Siri」を言ってみたら、筆者のコンピューターのSiriが出て来ました。しかも男性の声で。そんな設定した覚えない、と思ったのですが、ちょっと話してみました。こいつは筆者をわかってくれました。明日は雪は降らないそうです。電話のシリはシカトで、この不仲は当分続行する様子です。

ABOUT ME
ロデニの娘
広島県出身。1996年日本脱出、在米期間20余年に終止符を打ちトルコへ引っ越す。2022年1月に緊急帰国、同年7月末にトルコへ戻るが2ヶ月後9月末に再度日本へ舞い戻り。2023年年明けに子宮卵巣全摘手術を受ける。気がつけば人生半分以上海外で生活してきた昭和からアップデートできていない人。水瓶座のA型。スープと麺類大好き。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA