CULTURE

【安心?】田舎に行ってきました

こんにちは、ロデニの娘です。今回は筆者が今朝お出かけしてきたことについて綴ってみたいと思います。お付き合いください。

広島県北部

筆者は広島市内にいるのですが、用事があって北部に行ってきました。昨日の晩から一気に冷え込みが増したのでヒートテックを着用して出発です。筆者がいるところも便は良いものの大して都会ではないのであまり行き先を田舎扱いしたくはないのですが、道中の風景が少しずつ自然よりに変わっていったので、とりあえず田舎と呼ばせていただきます。川や山が近いです。文字通り自然と共存している感覚でした。

目的地はというと

訪れたのは自動車学校です。今回アメリカのものから日本のものに切り替えるためにやってきました。手続き自体は自動車学校ではなく免許センターなのですが、こっち側運転の練習をするために講習の申し込みにやってきたのです。姪っ子ぴよぴよに勧めらたこの学校について、少しだけカルチャーを感じたのでシェアしたいと思います。

外国免許の切り替えについては切り替えが終わった後ご紹介したいと思います。

食券自動販売機みたいなのがあった。

どうやらそこで自分の取りたい講習を選んで買うのかな?筆者は今回は入校の申し込みだけだったので使わなかったのですが、きっとそうなのだろうと思います。

人生の先輩たちが多かった。

70歳から74歳までの方の免許更新のために義務付けられている高齢者講習のためにいらっしゃる方が結構いらっしゃいました。テストではないので終了後必ず証明書が交付されるのですが、ここまで田舎に住んでいると車なしではかなり生活に不都合が生じるのでしょう、これからも安全運転されてください。

ゆえに受付の人の喋りがゆっくりで大声だった。

筆者へ、ではなく筆者の隣で受付をされているおじいちゃんに、です。おかげで筆者担当の人の声がかき消されて、何度か聞き直さないといけなかったのですが、なんだか微笑ましくも思えました。

終わりに

早速明日2時間練習の講習を受けることにしました。運転自体は多分大丈夫だろうと思うのですが如何せん全て反対ですから手こずるのは目に見えています。加えて日本の細やかな交通ルールを知らないのでしっかり学んでこようと思います。大自然に囲まれた練習コースを見て、うふっと笑ってしまいました。

けれどここの自動車学校はVIPがどこに座るかは教えてくれません。

 

映画から学ぶ映画から学ぶことは意外とたくさんあります。言語を学んでいる人だったらその言語を学べるでしょうし、背景にある衣食住の文化も学べます。ちょっ...

 

ABOUT ME
ロデニの娘
広島県出身。1996年日本脱出、在米期間20余年に終止符を打ちトルコへ引っ越す。2022年1月に緊急帰国、同年7月末にトルコへ戻るが2ヶ月後9月末に再度日本へ舞い戻り。気がつけば人生半分以上海外で生活してきた昭和からアップデートできていない人。水瓶座のA型。スープと麺類大好き。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA